本棚

e0301029_15125180.jpg
今日は弊社で集めている本棚をご紹介します。

15年ほど前から、CIAM(書店)の谷阪様という方から毎月3冊おすすめの洋書を送っていただいております。今や事務所の本棚をほとんど埋めるほどに集まってきました。半数以上が建築の本ですが、海外のランドスケープや芸術に関する本も多くあります。なかなか手に入らない本もあるそうです。

海外のランドスケープの本・作品集は建築と同レベル、あるいはそれ以上に洗練された編集・装丁がされているものが多く、日本での造園やランドスケープの文化がまだまだ未成熟であることを感じております。建築から庭・ランドスケープに感心が高まっている近年、メディアでもこれから何か新しい動きがあるかもしれません。
e0301029_15130284.jpg
独学で造園を学んで来た荻野にとってはこれらの本が糧となり、造園のアイデアを生み出す重要なきっかけとなっています。独学で造園を学んで来た荻野にとって谷阪さんはの師匠の一人と言っても良いかもしれません。いつも貴重で美しい本を選んでいただき、解説を添えて送っていただいていることに大変感謝しております。
e0301029_15130786.jpg
読書の秋ですが、仕事中に一息ついて本を眺めるのも良いアイデアを生み出すきっかけになると思いますので、おすすめします。

# by ogino_landscape | 2014-10-09 15:38 | 日常 | Comments(0)

nicoeオープン 〜春華堂五穀屋の庭〜

e0301029_12231886.jpg
e0301029_12295355.jpg
e0301029_12325949.jpg
e0301029_12232013.jpg
e0301029_12232306.jpg
e0301029_12232529.jpg
7/20、静岡県浜松市浜北区に、「お菓子の新しい文化とスタイルを発信する、浜北スイーツ・コミュニティ」というコンセプトの元につくられた複合施設「nicoe」がグランドオープンしました。その中にある、春華堂五穀屋の庭を弊社が担当しました。以前から協働でいつもお世話になっている永山祐子さん、TRANSIT GENERAL OFFICEさんからのお声がかかり、今回も造園をさせていただくことになりました。

五穀屋の和菓子に似合うような色とりどりの色彩を持つ花をふんだんに取り入れ、四季と日常、5つの時を彩る庭としてランドスケープの提案を行いました。また、ここで働くスタッフの方々にも最初の植え込みの時に同行してもらうことで、より庭を身近に感じていただき日頃のメンテナンスにも積極的に参加していただくことを提案しました。これから時が経つにつれて植物が徐々に熟成感を増し、訪れるお客様にはいつ行っても違う表情を見せる庭に新鮮な驚きを感じてもらえたり、色彩豊かな庭の表情に心が弾んでいただけることを願っております。

また、多くの方々がこの施設の空間づくりに関わっており、谷尻誠さんのオブジェやSOLSOさんの庭もとてもユニークなので、ぜひ一度訪れてみていただきたいと思います。

詳しくはこちら↓

http://www.nicoe.jp/

# by ogino_landscape | 2014-08-01 13:05 | Comments(0)

木の家設計ブランプリ2014

e0301029_09165229.jpg
9/11,12に谷口工務店主宰の設計コンペ「木の家設計ブランプリ」が開催されます。荻野も審査員として参加致します。ふるってご参加ください。

詳細はこちら↓
http://www.sekkei-ryokou.jp/plan/detail/186

# by ogino_landscape | 2014-07-30 10:22 | Comments(0)

ユニソンセミナー2014「家と庭の豊かで楽しい関係」講演

e0301029_07361132.png
今年の10月、東京(10/9)、大阪(10/15)、福岡(10/16)、名古屋(10/30)にてユニソンセミナー2014「家と庭の豊かで楽しい関係」が開催されます。講師には住宅ジャーナリストの三浦祐成さん、建築家の伊礼智さん、弊社代表の荻野が登壇し、講演します。地球環境から住環境までますます注目が高まる中、パッシブデザインをはじめとする豊かな家と庭のつなぎ方や緑・外構の可能性についてお話させていただきます。
それぞれの地域で、建築・造園をはじめ生活環境に関わる仕事をされている方にはぜひご来場いただきたいと思っております。奮ってご参加ください。

詳しくは以下のリンクより、ご覧ください。↓
http://www.unison-net.com/business/seminar/seminar2014.html


# by ogino_landscape | 2014-07-23 08:21 | Comments(0)

ONIJUS COFFEE VILLAGE オープン

e0301029_14114448.jpg
e0301029_15311053.jpg
e0301029_15311022.jpg
本日、大阪府富田林市にて、弊社が造園を担当した「ONIJUS COFFEE VILLAGE」(https://www.facebook.com/tusjino)がオープンしました。早速多くのお客様が訪れてきているようで、嬉しく思っております。

オーナーの「富田林に地域の方々が心から安らげるコミュニティを創りたい」「食事だけでなく、心まで満たしてくれるカフェ・空間づくりを目指したい」という強い思いからこのプロジェクトは始まりました。弊社の拠点でもある富田林の街の停滞しつつあった雰囲気に、新たな風を呼び込むことができるのではないかと思っております。あべのハルカスに引き続き、南大阪に今後ますます注目が集まることでしょう。

当初この新しいカフェの庭をつくるにあたって、『非日常』『アメリカ西海岸風』というコンセプトが与えられました。これから新しく開発されていくロードサイドの起爆剤とも印象づけられるような、強いインパクトをもったカフェの顔となる庭をつくることが、今回の計画の基幹にあります。

今回は弊社の若手によるチームを結成し、今までと違う新たな方向性を目指して取り組みました。使っている樹種も今まで使っていたものとは打って変わり、ほぼ全てが洋種になっております。クイーンパームやフェニックス・ロベレニー、ジャカランダなどの南国風の高木を軸に、トックリラン、ユッカエレファンティペス・ハマビワなどの中木、アガベ、ニューサイラン、ディコンドラなどの低木・グランドカバーといった珍しいものを多く取り入れています。難しい要求に対して応えてくださった仕入れ業者・生産農家の方々には大変感謝しております。

弊社の特徴でもある日本の原風景再生というテーマからは大きく変わりますが、植物園のように植物を置くだけではなく、組み合わせながら庭という造形としてかたちづくっていく手法は変わっておりません。ここを訪れるお客様に普段見ることのない植物に興味を持ってもらい、非日常でありながらも日本人ならではの植物が持つ自然な造形感覚に共感していただけるかと思っております。

ここのコーヒー、食事はとても美味しいです。近隣の方も、遠方より大阪に来られる方も、ぜひ一度お立ち寄りいただけることを願っております。
# by ogino_landscape | 2014-07-02 15:04 | Comments(0)


荻野寿也景観設計のブログです。造園・グリーンの工事や管理の様子、植物の情報、参考になる原風景のイメージやインスピレーションを受けた物事などをスタッフがお伝えします。http://www.o-g-m.co.jp/


by ogino_landscape

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る