9/7 ホテル ザ セレスティン 京都祇園 オープン

e0301029_11352099.jpg
e0301029_11054613.jpg

e0301029_11054788.jpg
e0301029_11054702.jpg
e0301029_11054621.jpg
e0301029_11054716.jpg
(C)渡辺琢哉写真事務所

2年前より弊社で造園設計施工してまいりました「ホテル ザ セレスティン 京都祇園」が9/7にオープンする運びとなりました。↓
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2017/0829_01/
http://www.celestinehotels.jp/kyoto-gion/

3年前に竣工した「三井ガーデンホテル京都新町別邸」に引き続き、三井不動産株式会社様よりご依頼を受けて造園を担当させていただきました。滞在そのものが旅の目的となる「デスティネーション型ホテル」を目指す新ホテルブランド『ザ セレスティンホテルズ』の第1号として、『ホテル ザ セレスティン京都祇園』は計画され、オープンすることになりました。三井不動産株式会社様、設計・施工関係者の皆様との結束力ある協働により、建築・インテリア・ホテルプログラム・庭がより高いレベルで融合できたと思っております。

事業主:三井不動産株式会社

インテリア設計:三井デザインテック株式会社 株式会社SIMPLICITY

建築設計・施工:三井住友建設株式会社

造園設計:荻野寿也景観設計


京都文化の中心地とも言える東山祇園におけるホテルにふさわしい、京都ならではの自然豊かな風景を、観光の出発点のおもてなしとして体感できる庭を目指しました。

古代から連綿と続く土地の深い歴史がありながら、多種多様な人々が集い去っていく現代の京都のホテルにおいて、誰もが自然をより身近に、豊かに感じ、居心地良く思える庭づくりを心がけました。庭が人工的な環境の中で建築・インテリアと調和し、時にコントラストを描きながら京都の原風景を再現することで、現代的な瑞々しい新鮮さや感動・驚きを感じていただきたいと思っております。

7箇所あるホテルの庭を5つのテーマ「大地」「山中」「湖辺」「湖底」「古代」に分け、ホテルでの生活の中でそれぞれのシーンを巡りながら、地中の奥深くに向かうにつれて徐々に時代を遡り、祇園の原風景を辿っていくようなストーリーを描きました。潤い豊かな緑や風格のあるホテルの外部空間をお客様に五感で楽しんでいただきたいと考えております。

祇園の土地とホテルが熟成された庭によって結び付けられる、上質で懐かしくも新しい風景の体験を目指しました。


この場を借りて、三井不動産株式会社様はじめ、設計・施工・マネジメント関係者の皆様、造園工事協力業者様、樹木・草花・石材・造園資材の仕入先業者の皆様には深く感謝申し上げます。

ぜひ、京都、東山、祇園にお越しの際はご予約の上、宿泊していただけますと幸甚です。(外観はご覧いただけますが、ホテル内の庭は宿泊いただくお客様限定の公開になります。)



by ogino_landscape | 2017-08-29 18:29 | | Comments(0)


荻野寿也景観設計のブログです。造園・グリーンの工事や管理の様子、植物の情報、参考になる原風景のイメージやインスピレーションを受けた物事などをスタッフがお伝えします。http://www.o-g-m.co.jp/


by ogino_landscape

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る