イワタニ水素ステーション関西国際空港 オープン

e0301029_8473526.jpg
e0301029_8275091.jpg

http://www.sankei.com/photo/daily/news/160129/dly1601290025-n1.html

http://clicccar.com/2016/02/13/353191/

弊社が造園を担当しました、イワタニ水素ステーション関西国際空港が開所しました。(建築設計・施工=大林組)

関西国際空港第2ターミナルに隣接し、飛行場が近いことから鳥が寄りやすい高木を多く植えられない条件のため、低い植栽を主としたランドスケープの提案を行いました。平面計画としては上空の飛行機からの眺めにおいてこの水素ステーションがアクセントとなるように、建築に沿った流線型の植栽帯を計画しました。

植栽は海沿いのイメージを引き立てるオリーブを主木として、耐風性・耐潮性のある樹高1m以下のトベラ・マルバシャリンバイなどの低木、グラス類と呼ばれる細葉が風になびく表情を見せる草本類を多用し、海浜に近いロードサイドにふさわしい、動きのある樹種を選択しました。また、関西国際空港が取り組んでいる大阪湾岸の海浜自生植物の保護と再生に沿うように、ハマゴウ・ハマナデシコ・ハマボッス・ハマギクといった浜の草花を低木植栽帯のグランドカバーとして取り入れています。

未来的な水素ステーションのイメージを保持しながらも、植栽が優雅な絨毯のように建築の足元を彩る造園を心がけました。人工島である関西国際空港の地にも、緑の生命が宿るエネルギーがあることを庭で感じていただければと思います。関西国際空港へお越しの際は、ぜひ一度お立ち寄りください。
by ogino_landscape | 2016-02-15 17:09 | | Comments(0)


荻野寿也景観設計のブログです。造園・グリーンの工事や管理の様子、植物の情報、参考になる原風景のイメージやインスピレーションを受けた物事などをスタッフがお伝えします。http://www.o-g-m.co.jp/


by ogino_landscape

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る